+PLUS

好きなもの、気になるもの。

Miniature chair

世界中には数え切れないぐらいの椅子があります。リーズナブルな椅子や、高価で買えない椅子もあります。 「欲しくても買えない・・・」という人にお薦めなのがミニチュアです。 それでも今まで販売されていたミニチュアの椅子は一脚2万円ぐらいするものばかりでした。 (これでは本物の椅子が買えてしまいます) 最近、札幌の雑貨屋さんで手頃な価格のミニチュアを見つけました。 どれもが名作といわれている椅子です。 525円/脚(シェーズ・ロングは1,050円)ですが、箱に入っていて中身が何かわからなくなっています。 全部買えばいいのですが、せっかくなのでくじ引きのように買ってみました。

Miniature chair


MINICHAMPS Mini Car

「ミニチャンプス」は現在のミニカー界を代表するブランドです。
ポールズモデルアートから1990年に誕生、本社で企画設計し中国で生産するという形態をいち早くとり入れた同社の製品はそれまでのミニカーの常識を超えた高品質の製品を生み出し、瞬く間にナンバーワンブランドへと成長を遂げました。
男性に車好きは多いですが、特に設計関係の人は車好きが目立ちます(私も含めて)。
私がコレクションしているミニカーは1/43スケールのもので、飾っておくにも手頃な大きさです。
絶版車から現行モデルまで数え切れないぐらいのモデルがありますが、いつかは全部揃えてみたいものです。

MINICHAMPS Mini Car


LEXON Stick Sound

レクソンは、1991年以来、プロダクトデザインにおけるリーダー的存在として名を知られてきたブランドです。
「レクソンデザインシステム」からスタートしたコレクションも現在では数え切れないぐらいの物が発表されています。
札幌のショップでは見かけたことはありませんが、半年に一度くらいの東京旅行の時に、気に入ったものがあれば買ってきます。
どちらもレクソン製のFMラジオですが、白い箱が「Stick Sound」というものです。全ての操作は、飛び出ているスティックでおこないます。「これは何?」と聞かれるのが少しだけ嬉しい気分になるラジオです。

LEXSON Stick Sound


electric wire keeper(made in thailand)

札幌の雑貨屋さんで見つけたコード巻きのオブジェ?です。
パッケージを見てみると、「Mr.P ONE MAN TIED」と書かれています。多分、キャラクターの名称だと思います。事務所のなかはOA機器がところ狭しと並んでいて、必然的に配線コードもたくさんあります。今は1本分のコードを「MR.P」が必死にささえてくれています。

electric wire keeper


ページトップへ